So-net無料ブログ作成
検索選択

2月は大炉のお茶会でした。 [お茶会]

この頃さらに寒くなりましたね。

先日「春一番[かわいい]」が吹き春の気配を感じたかと思えば、最近はつれなく遠くにいってしまった様です。

そんな厳冬期の2月、茶室では大炉のお茶が開かれます。

 

日興堂でも、先日の2月19日(日)に大炉のお茶会が開かれました。

いつもより席入りできる人数が限られているので、ネットでの告知をする前に会員様で満席となり

とても嬉しい反面、お断りしてしまった方々には大変申し訳ありませんでした[ふらふら]

 

日ごろのお稽古で大炉を見せてあげれないからと、社中さんを連れてご参加いただいた先生もいっらっしゃいました。 

 確かに、あまり大炉のあるお教室は少ないと思いますので、

日頃のお稽古での良いきっかけにもなったのではないでしょうか。

 

日興堂の茶室「千寿軒」では、日頃のお稽古にプラスして

1日特別な大炉や夜咄などのお稽古をしてみたい!という先生方に1日だけの貸席もしています。

どうぞお気軽にご相談ください。

 IMG_5022.JPG 

 

さて 大炉ですが、通常の炉ですと1尺4寸4分(42.4cm)ですが、それ以上の1尺8寸4方(54.5cm)のサイズです。

この厳冬期にしか行われない大炉は、通常より炉のサイズが大きく少しでもお部屋を暖かくするために考えられました。

確かに 暖房なんて必要ないくらい、お部屋はポカポカになります[晴れ][晴れ]

「大炉は一尺八寸四方四畳半左切が本法なり。 但し、六畳の席よろし」

と言わているように、六畳間に1尺8寸4分で逆勝手に切るのが約束 です。

また大炉は北国の囲炉裏から好まれたといい、

炉縁は北山杉木地丸太、炉壇は聚楽土に墨を混ぜた鼠土で灰色に仕上げます。

玄々斎好みの北山丸太拭漆踊桐漆蒔絵の炉縁もあります。

いずれも木地のものと決まっています。

囲炉裏からの名残なのでしょうか。おもしろいですね。 

 

IMG_5039.JPG

 

 

さて、日興堂での次回のお茶会は、4月20に日(木)にお茶会を予定しています。

日興堂のホームページのトップや会報でもお知らせいたしますが、このブログでの告知が一番早いです!!

見られている方、ぜひ真っ先にご予約くださいね。お待ちしていまーす。

 

日興堂ホームページ http://www.nikkoudo.co.jp/ 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。